<< オオヤネノイエ(仮)が出来るまで(その3) 基礎工事 | main | オオヤネノイエ(仮)が出来るまで(その5)サーマスラブ >>
オオヤネノイエ(仮)が出来るまで(その4)プレカット
 プレカットの打ち合わせのため、苫小牧港そばの佐藤木材苫小牧工場へ来ています。
プレカットとは、木造建築に欠かせない木の土台や柱・梁などをコンピューターで作図入力し、1mmのズレも無く機械でカットする方法です。
その昔は大工さんが木材を1本1本『墨付け』『きざみ』という作業をしていたのですが、近代化が進み、また人の手よりも機械の方がより正確という事もあり、最近ではきざみが出来る大工さんも時間短縮のためプレカットにする事が多いようです。
大工の棟梁さん含め、プレカットの作図入力の担当者との綿密な打ち合わせをしました。
 
プレカット工場打ち合わせ
 
プレカット工場の視察もさせていただきました。
カットされる前の木材をセットしたあとはほぼオートメーション化されていて、長さカット、仕口の加工など、最後の検品作業まで一連の流れで製材されていました。
物件名も刻印される様です。
 
プレカット工場見学
| 建物の出来るまで | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.to-be-designed.net/trackback/1555474
トラックバック