<< 建築散策-その1 愛知県 | main | 中標津散策 >>
建築散策-その2 金沢市
先日、地元である愛知県での仕事の傍ら、建築散策をしてきました。その第2弾。

金沢市にある金沢市立玉川図書館(設計:谷口吉郎+谷口吉生)は、谷口親子が唯一、一緒に仕事をした貴重な建築です。

金沢市立玉川図書館

隣に経つ近世資料館との調和をとりつつ、開放的な図書室と豊かな外部空間を繋ぐ中庭。並木道に開放された閲覧スペース、どこをとっても隙のない考え抜かれた建物です。モダニズム建築の真髄をゆくこの建物は谷口建築の傑作の一つでしょう。

金沢市立玉川図書館-谷口建築

こちらの建物も内部を見学するための準備がされていて、見学者に対して良心的です。運営側の建築に対する意識の高さがかいま見れます。

谷口吉郎+谷口吉生

同じく金沢市の、金沢21世紀美術館(設計:妹島和世+西沢立衛/SANAA)も見てきました。

金沢21世紀美術館

玉川図書館、前日の豊田市美術館、この金沢21世紀美術館、前日の生涯学修センター、谷口建築と妹島建築。設計へのアプローチがまったく違うこの建築の対比ですが、どちらも見応えのある建物でした。

妹島和世+西沢立衛/SANAA

最後に、金沢の町中で北國銀行武蔵ヶ辻支店(設計:村野藤吾)も偶然見つけました。

村野藤吾-北國銀行
| 建築・デザイン | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.to-be-designed.net/trackback/1555435
トラックバック