<< 別冊UN40が始まりました | main | 建築散策-その2 金沢市 >>
建築散策-その1 愛知県
先日、地元である愛知県での仕事の傍ら、建築散策をしてきました。

豊田市にある豊田市美術館(設計:谷口吉生)は今回で3回目となりますが、石上純也展が開催されていましたので行ってきました(写真はNG)。

豊田市美術館

谷口さんの建物は何度見ても見飽きないですね。建築に普遍の力があります。建てられてから15年経ちますが今なお感動しますし新たな発見があります。

谷口吉生

前回来たとき時間がなく見る事が出来なかった茶室の、『一歩亭』と『豊祥庵』も見てきました。立礼席にてお茶をいただいてた所、茶道の先生がお茶会を開くため下見に来ていたので、その方にお願いをし豊祥庵の中まで見学させていただきました。
なかなか見る事が出来ない一畳台目の席も見せていただきました(写真はNG)。
現代数寄屋建築の最高傑作とも言える作品でしょう。庭園も含め言葉では言い表せないくらいすばらしい空間です。

一歩亭-豊田市美術館

同じく豊田市にある豊田市生涯学修センター逢妻交流館(設計:妹島和世)にも行ってきました。

豊田市生涯学習センター逢妻交流館

最近竣工したたばかりでちょうど見る事が出来ました。
ここも内部写真はNGでしたが・・・。

妹島和世

このあと見に行く金沢市立玉川図書館金沢21世紀美術館と共に谷口建築と妹島建築の旅になりました。

実家である春日井市を拠点に動いたのですが、自宅から5分の所にプロソリサーチセンター(設計:隈研吾)があり、こちらも見てきました。

GCプロソリサーチセンター

GCという歯科医療メーカーの関連会社で、研究開発をしている組織の研究施設兼ギャラリーです。飛び込みにも関わらず丁寧な対応をしていただき、外観とギャラリーまでは見せていただけました。館内を案内していただけるプログラムが用意されていて、予約をすればさらに詳しい所まで見せていただけるそうです。

隈研吾-プロソミュージアム

GCはこの建物以外にも坂茂さんなど建築家に設計を依頼しています。建築に対しとても理解が深い会社ですね。
建築という文化の発展には、そのような企業・個人の協力無しにはあり得ないです。
| 建築・デザイン | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.to-be-designed.net/trackback/1555434
トラックバック