<< マナムスコ | main | 幻想的な防風林 >>
新しいディスプレー
PCのモニターが壊れてしまいました。ショックです、こんな不景気の時に。今まで使っていたディスプレーは19inchの4:3ブラウン管ディスプレーでして、気付けば2000年製造(何年か前に知人より譲り受けた)のものでした。もともと発色が悪くなっていてとても見づらくなっていたのですが、とうとう赤色を全く表示出来なくなってしまいました。
で、仕方なく急遽購入しました。



Princetonというメーカーで正直知らないメーカーでした。Macユーザーとしては純正じゃないディスプレーなのはちょっと残念ですが、背に腹は変えられません。店頭で見比べても特に他メーカーと差はなく値段の安さに負けて購入。
なんてきれいなんだろう!!!世界が変わりました。パースを描いたり写真を編集.加工したりの作業があるのに、今まで見ていた画面はなんだったんだろう。だんぜん仕事にやる気が出てきますね、新しいディスプレーを目の前にすると・・・。
っと、そこで問題が・・・。
ちょっと古めのMacMiniに繋いでるのですが、時々消える!どうして?困った!!!
どうやら、グラフィックの速度が追いついていない様です。Appleのサポートで確認しても24inchサイズまで対応してるはずなのに・・・。
いろいろ試した結果、デジタルでの接続は諦めアナログでの接続をする事に・・・。ちょっと残念ですが、いずれMacBookをデスクトップPCとして使う予定なのでまぁいいっか。とりあえず快適に仕事ができますっ!!!


| 建築・デザイン | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.to-be-designed.net/trackback/1154111
トラックバック