謹賀新年 2014
 あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

NewProject2014


| 北海道の四季 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
 お正月休みを、ゆっくり取らせていただきました。
本日より to be Designed は、本格始動いたします。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
| 北海道の四季 | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
謹賀新年2013
 あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
| 北海道の四季 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
あけましておめでとうございます
 あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いします。


to be Designedは新年1月4日から始動いたします。


昨年は日本中が大変な一年でしたね。

今年は良い年になりますように。


船坂大樹

| 北海道の四季 | 07:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
2011年 新年のご挨拶
 あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年のご挨拶

to be Designedは、1月4日から始動いたします。
今年も良い建築、良いデザインを生み出していきたいと思います。


| 北海道の四季 | 13:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
秋の味覚
ようやく涼しくなってきましたね。秋の到来です。1年で一番好きな季節です。
夏の暑さから開放され、朝夕少し肌寒いこの季節。日中からっとして過ごしやすく、なんせ食べ物がうまい。

秋の味覚

おいしい秋刀魚とおいしいビール『キリン秋味』♡。1年でこの時期しか味わえない、とれたての生の秋刀魚と、季節限定の秋味。魚好きな私のその中で最も好きな秋刀魚。ビール好きな私のその中でも最も好きなビール。この組み合わせサイコーですね。
今年は猛暑で秋刀魚の漁獲量が少なく、秋刀魚も贅沢品ですね。麦芽が通常の1.3倍の秋味もとても贅沢な味わいです。普段発泡酒の我が家ではこの時期だけの贅沢品ですね。

秋刀魚
ごちそうさまでした。

| 北海道の四季 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
味な店『炭火焼てれ屋』
先日、古くからお世話になっている『てれ屋』さんに足を運びました。
北海道の旬な食材を、炭火で焼いて出していただけるお店です。

炭火焼てれ屋

古くは、学生時代アルバイト先でお世話になった先輩で、その後『炭火焼てれ屋』を始められました。
今月お店を移転されるという事で、その何とも言えない味のあるお店の雰囲気を見納めるため、足を運びました。何年もの間に煙でいぶされた店内や、カウンターの目の前にある炭の熱と油のしみ込みで黒く光りした炉も、このお店の歴史を物語っています。

焼き鳥をはじめ、新鮮な魚介類、畑から直送の旬な野菜など、その日その時に一番おいしい食材を丁寧に炭で焼いて出していただけます。もちろんいつも『おまかせ』で。
創作的な炭火焼もあり、なんと『うどん』まで焼き物で食べれます。

『炭火焼てれ屋』
(新しいお店の場所は、オープンの準備ができたらご案内いたします)
011-219-2468
18:00〜23:00 日祝休

ぜひ一度ご来店を・・・。
| 北海道の四季 | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
羊蹄山登頂
先日、前々から登ってみたいと思っていた北海道の名山『羊蹄山』を登ってきました。



前々から登山をしてみたいと思っていたので友人の誘いもあり初登山で初羊蹄と、思い切っていってきました。北海道らしからぬこの時期の暑さで、山頂付近でも半袖で過ごせるくらい陽気な天気でした。初登山であんなにすばらしい景色を拝めたらもう病み付きです。
まだまだ雪も残っている羊蹄山の山頂は火山口になっていて、そのくぼみに雪解け水がたまっていました。エメラルドグリーンから淡いスカイブルーに変化するその水はとても神秘的で、そこへ登った人だけが見れる絶景でした。

| 北海道の四季 | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
世界自然遺産 知床
お盆休みを利用して、世界遺産である知床でキャンプをしてきました。



知床野営場を拠点にし、カムイワッカ湯の滝、知床五湖、熊の湯など大自然を満喫してきました。あいにくの天気で知床峠からの眺めは望めませんでしたが、要所要所では雨がやみ知床五湖では晴れ間も見え快適な旅でした。
カムイワッカ湯の滝からの帰り道、念願だったヒグマにも出会えました。母熊と仔熊の親子連れで、大きさはさほど大きくなかったですが迫力満点でした。
キャンプ初日の夜には風でタープがあおられ倒れてしまい、GWの大沼に続き今年のキャンプは風との戦いです。
最終日片付けも終え荷物を車に積んでいたら、鹿の親子が現れました。



近年鹿の数が増え至る所で見られる様になり珍しくもなくなりましたが、触れるくらいの距離まで近づいても何の警戒もせずただ黙々と草を食んでいる鹿の姿を見て、自分が知床という大自然の中にいるという事を実感したのと共に、人が自然に踏み込むには一定の距離も必要なんだなと考えさせられました。
| 北海道の四季 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
幻想的な防風林
今日、北区屯田の防風林を通りがかり、幻想的な空間だったので思わずシャッターを切りました。近くに住んでらっしゃる方にはもしかしたらおなじみの光景かもしれませんが・・・。



北西からの風によって降った雪が、昨日の湿った雪も重なって幹の半分だけに着雪しています。防風林はよく見かけますが、その迫力にいつも圧倒されます。
北海道は常に四季を感じられ、その風景ごとに感動を与えられます。普段なにげなく通ってる道も少しだけゆっくり通り少しだけ寄り道をすることで、ちょっといい気分になれるもんですね。
| 北海道の四季 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>